【レポート】佛教大学 教育社会学 教育社会学1 A判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,972
ダウンロード数108
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1104 教育社会学
    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ』
    Ⅰ.学歴社会
      学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する。一方高学歴社会という言葉は学歴社会とよく混同され、単に「高学歴者の多い社会」を意味している。学歴社会の出来上がった要因として挙げられるのは、明治維新の時代「富国強兵」を目的とした国づくりを行う上で、幅広い分野で相当数のリーダーが必要とされ、リーダーを質・量の両面で安定的に養成するためには、これまでの身分に依存したシステムではうまく機能しなかった。そこでより効率的な人材育成・登用のシステムが必要となり、学校という場に幅広い諸階層の子供を集め、一定のルールの上で競わせる。そして学校という場でのパフォーマンスに応じて社会的・職業的地位を割り振るという学歴社会が生み出されたのである。
     今日の学歴社会への批判の多くは、レッテルとしての学歴だけで判断するのではなく「実力社会・能力社会」を目指すべきである、といった趣旨のものが多い。しかし学歴社会..

    コメント1件

    スズキヨ 販売
    この資料が学習のお役に立ちましたら、推薦ボタンをぜひとも押してください。
    2009/09/25 16:03 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。