【レポート】P6103 英語学概論 第二設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,027
ダウンロード数53
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6103 英語学概論
    『現代の標準英語と米語の相違を具体例を挙げて論ぜよ』
    Ⅰ.アメリカ英語
     アメリカ英語が形成される過程を説明すると、大きく3つの時期に分けて説明できる。
    まず、最初の段階として、イギリスから分離した最初の時期である植民地時代が挙げられる。
    1607年にJames Townに初めて殖民が行われ、その直後New England地方に清教徒が定住した。
    彼らの話す英語は17世紀イギリスの英語だった。
    次に西部開拓時代になると、フランス、スペイン、メキシコ、イギリスなどが領有していた南部、西部地方へと開拓が進み、 それらの国々の言語の影響を大きく受けた。
    最後に1860年代以降から現代に至るまで南ヨーロッパとスラブ諸国から大量の移民があったが、言語的影響は少なかった。
    現代では多くの日本語が英語として採用されるなど、人種のるつぼであるアメリカは様々な言語を吸収し、イギリスと異なる発展をとげてきている。
    現在のアメリカ英語には、北部方言、中西部方言、南部方言とあるが、一番使われている中西部方言を〈アメリカ標準英語〉としている。
    Ⅱ.イギリス英語
     イギリス英語もまたその形..

    コメント1件

    スズキヨ 販売
    この資料が学習のお役に立ちましたら、推薦ボタンをぜひとも押してください。
    2009/09/25 16:05 (7年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。