経営学・日本的生産システムの特質について(再提出)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,019
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学
    我が国の工業製品が世界でトップクラスの国際競争力を持ちえたのは、生産性と品質品種の高さのためだった。これらの競争力の重要な基盤は、トヨタ生産方式に代表される日本的生産システムに見ることができる。それは「かんばん」「小ロット生産」「JIT」といった手法を用いて、高い生産性と高い品質の同時達成を可能としてきたフレキシブルな生産システムであった。この生産システムが国際的にも評価され、近年では「リーン生産方式」としてその基本的性格を継承する形で多くの国で導入が進められている。
    日本的生産システムの特徴は、小ロット(同じ規格品で作る数量の単位)大量生産である。また、日本的生産システムは、フレキシブルで機械と技術と労働者を体系的に結びつけ、徹底的にムダを排除するシステムであるとも言える。フレキシブルとは、需要の増減に合わせて生産量を決めるだけでなく、工員の人数も変動させることによりムダを最小限度に抑えることである。日本的生産システムの根本思想は、「徹底したムダの排除」で原価低減を行う事である。また、顧客のニーズに合わせて製品の多様化をはかるために少ロット生産、在庫をなくすために平準化生産が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。