仏教学第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数630
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「原始仏教の思想的な特徴について、「縁起」「四諦」「煩悩」「覚り」といった用語を用いて説明しなさい。」
    初期仏教(しょきぶっきょう)とは、釈迦が生きていた時代を含み、釈迦の死後およそ100年から200年間までの間の仏教をいう。
    この時代の仏教を原始仏教または根本仏教とも呼ぶことがあるが、「原始」・「根本」という言葉にはさまざまな価値的な判断の意味が含まれるため、ここでは中立的な時間的に先であることを示す「初期仏教」という用語を使用する。
    仏教の教えは歴史的に展開・変容を繰り返してきたが、根本分裂によって部派仏教に分かれる前の仏教をとくに「初期仏教」と呼ぶ。
    当初の仏教は、長い間記憶で継承されており、多聞(釈迦の教えを多く聞いた)などが褒め言葉になっていた。
    文書化された時代には、初期経典群を分析すると、既に釈迦の教えが様々に理解されていたことが分かる。
    例えば、最初期経典『スッタニパータ』も今までは釈迦の教えに近いとの説が強かったが、「これは隠者文学でありインド伝統的な思想の傾向が強い、本来の釈迦の教えは、伝統的な僧集団が伝えた相応部経典の方に含まれる」という説も起こっている。
    ただ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。