西洋史 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数463
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「絶対主義(絶対王政)といわれる近世ヨーロッパの国家と社会のあり方を、フランスを中心に検討せよ。」
    絶対主義(絶対王政)といわれる近世ヨーロッパの国家と社会のあり方を、フランスを中心に検討してみたいと思う。
    一般的に「絶対王政期」「絶対王政の時代」とは、西欧における市民革命以前の時代を指す。
    おおよそ16世紀から17世紀にかけて到来し、イングランドのテューダー朝、フランスのブルボン朝、スウェーデンのヴァーサ朝・プファルツ朝の時代などが挙げられる。
    とりわけ、ブルボン朝の時代がその典型例とされ、1615年から1789年まで、身分制議会である三部会が召集されなかった。
    これは諸侯の権力の低下と、国王の権力があらゆる権力に優先したことを示している。
    フランス王・ルイ14世が諌言する家臣に言った「朕は国家なり」という言葉(「そんなことをなさっては国家と民のためになりません」に対して「民だけでいい」に続いて言ったとされる)は、この状況を端的に表現しているとされた。
    但し、実際には王権が絶対であったわけではない。
    王権の絶対性は、貴族・ギルドなど特権を有する諸団体(社団)が統治に協力することで成立..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。