国際政治学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,998
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国際政治経済学の理論(リアリズム・リベラリズム・マルキシズム・コンストラクティヴィズム)について説明しなさい。」
     国際政治経済の分析には、さまざまなアプローチの仕方があると考えられている。
     その中において、主として、次の3つがあると考えられる。
    1つめは、「リアリズム」の見方であり、重商主義モデルや覇権安定論等である。
    2つめは、「リベラリズム」の見方であり、機能主義や新機能主義、国際的相互依存論、国際レジューム論、デモクラティック、ピース論、グローバル・ガヴァナンス論等である。
    3つめは、「マルキシズム」の見方であり、従属理論、世界システム論、帝国論等である。
    また冷戦後、「コンティラクティヴィズム」が、従来のアプローチに対して、それまでとは違った形での、新たに挑戦を行っているといえる。
     それでは、国際関係理論の流れを元に、国際政治経済学の理論(リアリズム・リベラリズム・マルキシズム・コンストラクティヴィズム)について、考えていきたいと思う。
     国際関係の理論は、基本的に伝統的なリアリズムをたたき台として、発展してきたのではないかと考えられている。
     「リアリズム」は現実主義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。