社会学概論 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数901
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「多文化共生社会の構築にとって、どのような諸課題があるかを述べよ。」
     多文化共生社会とは、どのような社会なのだろうか。多文化共生社会について、まず考えてみたい。
    共生とは、異質な集団に属する人々が、互いのちがいを認め、対等な関係を築こうとしながら、共に生きていくことと定義されている。
    また、多文化共生社会とは、文化的に異質な集団に属する人々が、互いの文化的ちがいを認め、対等な関係を築こうとしながら、ともに生きていく社会のことであると考えられている。
    21世紀はグローバリゼーションが進み、ヒト、モノ、カネ、情報が国境を越えて大規模に移動する時代であると言える。   
    また、2000年3月に発表された国連のレポートは、少子高齢化の進展が著しい日本や欧米諸国は、今後、大規模な移民受け入れの可能性が高いことを示唆していると考えられる。  
    実際に日本でも、この数年の間に、グローバリゼーションや少子高齢化への対応等を理由としての本格的な外国人労働者、留学生、移民等の受け入れの必要性が絶対的に必要であると言え、また現段階においても、提言がなされている。
    21世紀の日本社会は、そして地球社会は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。