社会学概論 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,068
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキストで取りあげられている社会学者のなかから任意の1人をとりあげ、その学者の学説やキーワードをとり入れながら、その学問的性格をまとめよ。」
     私は、エミール・デュルケームを取り上げたいと思う。
    エミール・デュルケームは、フランスの社会学者で、オーギュスト・コント後に登場した代表的な総合社会学の提唱者であり、その学問的立場は、「方法論的集団主義」と呼ばれる。
    社会学主義の提唱者として、デュルケームは、当時としては斬新な独自の視点から社会現象を分析し、経験科学としての社会学の立場を鮮明に打ち出した人物である。  
    彼の理論は20世紀初頭に活躍した多くの社会学者、民族学者、人類学者などに多大な影響を与え、彼の死後マルセル・モースを中心としてデュルケーム学派というフランスにおける有力な社会学派が形成されるまでになった。
    エコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)卒業、ボルドー大学教授を経て、1902年ソルボンヌ大学講師、1906年同大学教授。社会学の他、教育学、哲学などの分野でも活躍。社会学主義の提唱者で、フランスにおいて初めて社会学の機関紙として、L'ANNÉE SOCIOLOG..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。