法律学概論 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数544
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「医療をめぐる法律問題について。」
    医療をめぐる法律問題について、「医師と患者の権利義務関係」、「患者の自己決定権について」、「医療過誤訴訟の問題点」、「生と死に関する法律問題」4つの事柄から、考えてみたい。
    「医師と患者の権利義務関係」であるが、従来の医療は恩恵的・権威主義的であった。医学が専門的学問であり、患者は医師に助けを求めていることから考えると、患者が医師に対して権威を感じるのは仕方がない。しかし自分の身体のことについて、医師に対して質問したり、意見を言うことができなかったりするのでは、患者は不安な気持ちで医療を受けることになる。また、「人命優先を貫く」という医師の使命がかえって患者を不幸にしたのでは本末転倒になる。そこで従来の医師と患者の権利義務関係を見直さなければならなくなった。患者の主体的地位を尊重し、適切な医療の実現を図る必要性が出てきたのである。
    「患者の自己決定権について」であるが、医師と患者の権利義務関係を見直すにあたって、その方向性を最もよく表している言葉が2つある。その1つ目が、「患者の自己決定権」である。患者に主体的な地位を認め、診療に際しての重要事項の最..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。