印度哲学概論 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数805
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ウッダーラカ・アールニとヤージュニヤ・ヴァルキヤのAtman説について。」
    ウッダーラカ・アールニは、ヤージュニャヴァルキヤとならび、初期のウパニシャッドに登場する古代インド最大の哲人のひとりであり、ヤージュニャヴァルキヤの師と伝わる人物である。
     思想としては、「有(う)の哲学」として著名であり、サーマ・ヴェーダの奥義書『チャーンドーギア・ウパニシャッド』の6章に、わが子シュヴェータケートゥへ向けたメッセージというかたちで記載された教えが特に知られている。
    それによれば、宇宙のはじまりは当初「有」のみであったが、「有」は火・水・食物を創造し、そのなかへアートマン(真我)として入り込み、3者を混合して名称nāmaおよび形態ruupaとなって運動を繰り広げることとなった。
    人の死は、このプロセスを逆にたどって「有」に帰ることであるとした。
    後世の思想家にきわめて大きな影響と問題意識をのこし、仏教における「無」の思想もウッダーラカ・アールニの思想から多大の示唆を得ている。
     ヤージュニヤ・ヴァルキヤは、ウパニシャッド最大の哲人、「聖仙」とも称される古代インドの哲人であり、紀元前7世紀から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。