道徳教育の研究 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数496
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学習指導要領の変遷について。」
    成立期、昭和22年の学習指導要領は、手引書として作られ、授業の際の参考とすべきものとして考えられており、試案の文言がつけられ、新たに社会科、家庭科(小学校で男女共修)と自由研究、中学校での職業科が設けられた。
    昭和26年の第一回改訂では、自由研究が教科外活動(小学校)、特別教育活動(中学校)と保健体育(中学校)職業・家庭科(中学校)となった。
    昭和33年(高校は35年)の第2回改訂では、「試案」の文字がなくなり、「告示」となり、法的な拘束力を伴うようになった。そして、従来のすべての学校生活において行われた道徳教育が、それだけでは充分でないとされ、「道徳」の時間が特設された。当時においては、修身教育の復活として多くの人からの反対があった。高校では、「倫理社会」が必須科目となり、小・中学校の教育課程のいては、「教科」「道徳」「特別教育活動」と「学校行事等」の3領域で構成されるようになった。「総則」の「第3 道徳教育」においては、「学校における道徳教育は、本来、学校の教育活動全体を通じて行うことを基本とする」ことや、「道徳教育の目標は、教育基本法および学校教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。