教科教育法公民 第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,067
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「「現代社会」「倫理」「政治・経済」のうち2科目を取り上げて、それぞれから一つずつ単元(主題)と本時を設定し、その授業の指導案を作成せよ。」
    政治・経済学習指導案
    1対象学年 高校3年生
    2単元名 資本主義経済の歴史
    3単元設定の理由
     資本主義社会で働き、生活をしなければならない。資本主義社会の原理を理解し、実社会で生きていく力を身につけることが求められる。
    4単元目標
    ①資本主義の原理的理解→資本主義の矛盾の拡大から社会主義が形成される経過の理解→社会主義の成立から崩壊過程の理解。
    ②独占資本主義成立以後の資本主義変容の理解→修正資本主義・混合経済の理解。
    ③ 上記の理解を踏まえ、現代経済の考察に必要な知識を得る。
    5単元計画
    ① 資本主義の発展と社会主義・・・・・・1時間(本時)
    ② 資本主義の危機と改革・・・・・・・・・・・1時間
    6本時の目標
    ①資本主義経済の基本的な特徴を18~19世紀英国史に即して理解させる。
    ② アダム= スミスの「自由放任」の考え方が、資本主義の理論的支柱となったことを理解させる。
    ③ 社会主義経済が、資本主義経済の矛盾の解決の中から誕生したことを理解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。