学校教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,183
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学校カウンセリングの意義、方法学校カウンセリングおよび今後の課題について述べなさい。」
    学校カウンセリングの意義は、学校における教育相談活動の中核的な領域であると言える。
    具体的な活動としては、「カウンセリング」「コンサルティング」「コーデイネーティング」の3つであり、全ての生徒が対象としたものであると言える。
    「カウンセリング」は、教育のあらゆる場における包括的な人格形成にかかわる教育計画として実施されるものと考えることができ、すべての生徒を対象に積極的な側面があると考えられる。また、学校での場合は、一定期間という部分も強調することが求められ、「区切り」が様々に意味を持ち、「区切り」を意識して生徒に関わるのが現実的であると言える。
     「コンサルティング」は、課題を持った生徒に、生徒が直接にカウンセリングの機会に臨むのが本来の姿だと考えられるが、不登校のような問題がある。また、生徒を相談役の役割に置くよりも、カウンセリングを受ける側にとって心理的に影響力のある者が相談の場に臨むのが望ましいとも言える。
     学校カウンセリングとしてのコンサルテーションでは、受ける側の生徒の保護者や担任..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。