教育社会学1 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数768
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」
    学歴社会とは、当該社会の社会的・職業的な地位を決める主たる基準の一つが学歴であるような社会を指す。社会的地位とは、職業的職業的地位と重複する側面もあるが、広い意味では、具体的に文化的な地位等も含まれると考えられている。
    学歴社会に対しては、古くから、様々な批判があり、就職や昇進、結婚と関係した大学間の格差がその代表的なものである。
    それに加え、入学試験に対する批判も多く、学校管理、教育のあり方、学校以外の教育産業に対する批判も多く見られるが、客観的に考えると学歴社会の形成においては、必然的であると言える。
     明治時代がスタートし、政府が必要としていたのは、各分野における優れた人材であり、またその質量的に安定した供給の保証してくれる機構・機関であったと言える。
    それ以前の身分階級社会においては、士農工商のような封建的身分制度の下に父親の見分が、子供の進路を決定しており、教育においても、武士の子息が藩校において、上に立つ者の心構え等を教えられていたのに対して、町人・農民の子息は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。