教育原論1 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数754
ダウンロード数13
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ハヴィガーストの発達課題について述べよ。」
    発達課題というのは、人間の発達に応じた課題のことである。
    ハヴィガーストは、発達課題論の代表的提唱者であり、はじめは化学や物理学などの自然教育に興味を持っていたが、その後、理科教育に関心を持つようになった。
    さらに関心は社会科学に移り、1941年シカゴ大学教育学部教授に就任し、1930~40年代、アメリカの進歩的教育学部の指導者たちが作った発達課題という用語を1940~50年代に採用して、普及に務め、    乳児期から老年期までの全発達段階の発達課題を設定した。
    ハヴィガーストの著『人間の発達課題と教育』において、積極的に発達課題において述べており、「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯をめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題を立派に成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる。」としている。
    それに加え、教育にとって有益である理由として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。