教育方法学 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,111
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「授業の設計と評価において、その前提となるのはカリキュラムである。わが国では学習指導要領が重要な役割を果たしているが、一方では地域の実態や子どもの状況に応じたカリキュラムが求められている。そのときの教育方法と技術はどのようにあるべきかを述べよ。」
     学校の授業の中で、設計というものは学習指導案として、学習指導要領を元に教師が作り、それにそって生徒を指導する。
    その指導は、研究授業で教員が評価したり、授業中での生徒の反応がよかったりといったことで評価されるため、教師の立場からの評価、生徒の立場からの評価は違うことが多い。
    教師は、授業の中でたくさん教えたり、分かりやすく教えたりということで評価される。
    また、生徒は分かりやすかったり、面白かったりといったことで授業の評価をする。
    教師の中でも大きく分けると、客観主義と構成主義という主義主張がある。
    そして、それによって授業の構成も大きく変わってくる。
     客観主義は知識をたくさん教えるタイプで、個人の経験や生活を取り除くことにより、意志・意識を作るのである。
    この主義は教育の中で長い間主流とされてきたのは、受験がその大きな原因である。
    知識..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。