障害児教育方法 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数745
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「テキスト第Ⅴ章「障害児の発達特性と教育法」から障害種別の2つをえらび、それぞれの教育法のあり方をまとめなさい。」
    「障害児の発達特性と教育法」から言語障害と情緒障害について、教育のあり方を考えてみたいと思う。
    言語障害教育は、治療教育の性格を持ち、言語障害があると、学習や生活に2次的な障害をきたすことが多いので、教科教育と並行して言語障害に対する治療教育を実施する必要性があると言える。
    人間生活における言語の占める重要な位置を考えるとき、言語障害教育の意義は極めて多いということがいえるのではないだろうか。比較的早期からの特別な支援活動が行われる場合、言語聴覚士がいる医療機関や障害児の専門機関としての通所施設、各種相談機関などであり、その後、専門的な指導が行われ、指導にあたっては、個々の子供の状況が一人ひとり違うために、指導目標の立て方も短期的なものと長期的なものとうまく組みあわせて、綿密な計画が不可欠であると言える。
    それでは具体的に、「構音障害」「音声障害」「吃音」「言語発達遅滞」「脳性まひを伴う言語障害」「口蓋裂にともなう言語障害」「聴覚障害にともなう言語障害」「失語症」等の言語障害に教育方法を見てみよう。
    構音障害は、基本的に語音に注目したことばを聞くことを中心とした治療と構音操作そのものを教えることを中心とした治療に分けられ、治療としては構音の検査、障害音の種別、音声の学的分析、評価、構音指導の順に設定され、初期には、母音、二重母音は長く引かせ、広く開いて、明瞭に発音させるように注意し、子音にあたっては、音韻として徹底的指導を行い、その音韻が初めに出る語の中で行い、それができると、音韻が終わりに出る語の中で行い、更にその音韻が語中に出る語の中で行い、それが終われば、句の中、文の中、表現の中、早口言葉の中でと順を追って指導を続けるのがよいとされている。
    音声障害は治療法として、薬剤治療、手術治療、声の安静、発声指導療法があり、発声指導療法は咽頭に負担
    がかかる発声の習慣などの治療として行われ、声の衛生を基本にしたもので、声に対する認識、無理のない発声を日常生活のマナーとして習慣つけるものであるが、声域の問題や聞き手の態度等も考慮しなければいけないという点もある。
     吃音は、治療方法としては、吃音児に直接働きかけるものと、養育者を中心とする間接的なものがあり、直接的な働きかけには、心理療法、言語療法、身体的リラクゼーションを目的としたもの、それらを併用したものがあり、コミュニケーションの問題であるので、相手としての関係の考え方、接し方などが教育のあり方を考える上では、影響が大きいと言える。
     言語発達遅滞は、言葉をおしえるということよりも育てるということに重点を置くべきであり、指導に要求されることは、子供の発達に関する十分な知識を持つこと、教師が子供ひとりひとりの持つ問題に応じて目標を設定し、達成に必要な指導の段階別目的を設定することであり、学校と家庭における指導的役割を確認し、自分の能力や長所を利用して学ぶという大前提に立ち、指導を進めることが重要である。
     脳性まひを伴う言語障害は、早期に訓練が始められ、「反射を誘発しない扱い方をする」「子供の経験の言語化」「コミュニケーションの確立」「発声の活発化」「CSS」「脱感作療法の適用」などが行われる。
     口蓋裂にともなう言語障害は、生まれた直後から計画的に心身の発達段階に応じて医学的、言語病理的な処理が実施され、言語治療としては、術後の言語管理としての経過観察と構音の改善にわけられる。
     聴

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト第Ⅴ章「障害児の発達特性と教育法」から障害種別の2つをえらび、それぞれの教育法のあり方をまとめなさい。」
    「障害児の発達特性と教育法」から言語障害と情緒障害について、教育のあり方を考えてみたいと思う。
    言語障害教育は、治療教育の性格を持ち、言語障害があると、学習や生活に2次的な障害をきたすことが多いので、教科教育と並行して言語障害に対する治療教育を実施する必要性があると言える。
    人間生活における言語の占める重要な位置を考えるとき、言語障害教育の意義は極めて多いということがいえるのではないだろうか。比較的早期からの特別な支援活動が行われる場合、言語聴覚士がいる医療機関や障害児の専門機関としての通所施設、各種相談機関などであり、その後、専門的な指導が行われ、指導にあたっては、個々の子供の状況が一人ひとり違うために、指導目標の立て方も短期的なものと長期的なものとうまく組みあわせて、綿密な計画が不可欠であると言える。
    それでは具体的に、「構音障害」「音声障害」「吃音」「言語発達遅滞」「脳性まひを伴う言語障害」「口蓋裂にともなう言語障害」「聴覚障害にともなう言語障害」「失語症」等の言語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。