日本国憲法設問1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数919
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「法の下の平等について」
    日本国憲法は数カ所で平等権の大切さをうたっており、その最も中核になる条文と言えば、第14条であると考えられる。
    日本国民は、平等権すなわち法的に平等に扱われる権利ないし不合理な差別をされない権利を保障されているのである。
    「法の下に平等」という言葉には争いがあり、「法の下に」という言葉の意味は、法を執行して適用する行政権・司法権が国民を差別してはならないということであり、法適用の平等のみを意味すると考える説がある。
    しかし、法の内容自体に不平等があると、それを平等に適用しても意味がない
    そこで、「法の下に」とは、法適用の平等のみならず、法そのものの内容も平等の原則にし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。