日本国憲法設問2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数344
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「表現の自由について」
    表現の自由のひとつとして、憲法21条がある。
    憲法21条1項では、集会・結社・言論・出版は、「表現」の主要な類型として例示されているのであって、保障の対象がこの4類型に限定されるものではない。
    そのことは、同項自身が「一切の」表現の自由を保障すると規定していることから明確である。
    一般に表現の自由は、経済的自由に対して「優越的地位」をもつといわれており、「優越的地位」とは、全ての見解と一致しているとはいえないが、通常は、より抽象的で哲学的なレベルで、表現の自由は経済的自由よりも高い価値をもつということであり、また技術的なレベルでは、表現の自由は経済的自由よりも憲法上より..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。