国語科教育法  第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数520
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「「茂作じいさん」の詩を教材研究せよ。」
     まず、詩を見ると、この詩は四連から構成されているという事が容易にわかる。
     一連目は1から8までで構成されており、一日中、沖を眺めて呟く茂作しいさんの姿が窺え、廃人のように見えるがただの廃人ではないというような内容になっている。二連目は9から16までで構成されており、茂作じいさんが生き生きしている時の姿が窺え、容姿を細かく説明しており、また茂作じいさんの明るい表情が考察できる内容となっている。三連目は17から23までで構成されており、前連とは対照的に、茂作じいさんが沈んでいる時の姿が窺え、落ち込んだ表情とともに学習者にその気持ちを考えさせることができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。