国語科教育法  第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数585
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「おじさんのかさ」の教材研究をし、この物語が読者に語りかけようとしているかを述べよ。」
    この教材は、自分に拘りつつ、自分を変化かせていく、人間の生き方そのものである。
     教材の目標としては、主にかさを大切にし、かさを決して開こうとはしなかったおじいさんが、雨にぬれた傘に興味関心をもち、傘の素晴らしさがわかり、行動や様子から読み取る事ができるか、また、動作化したりして、おじいさんの心に共感できるかという点にあると言える。
     内容としては、おじいさんは、傘を大切に使うという点においては、「ものを大切にする」という心が読み取れ、学習者は共感しなければいけないと考えられる。
     しかしながら、傘を所有し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。