理科概論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数800
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生物は環境の変化の中で互いに関係しあって生きている。ある種は増加し、また減少しながら常に平衡状態である事を説明せよ。」                                                                      
    生物が生活する環境では、様々な生物が同居しており、生物はお互いに何らかの関係を及ぼし合っている。
    また、生物が生存する上で、無生物的な環境の存在も重要であると言える。
    無生物的な環境には温度、降水量、大気成分、湿度、塩分濃度、土壌の栄養含量、日射量などがあり、生物が生活を維持するために、それぞれの種や個体により特定の限られた無機的環境..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。