理科教育法Ⅱ 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数479
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「知識注入型の理科教育を、理科の目標、授業のあり方から批判せよ。」
    教育は、子どもの豊かな人間形成のために行われている。だから、理科教育の目標を考える場合においても人間形成という視点にたち、理科で何を培うことが出来るかを検討していく必要がある。理科教育では「知識を教える」という方向から考えられる傾向があるが、この知識注入型の教育がはたして子どもたちにとって力になるのか、授業のあり方から考えてみる。
     平成元年に改定された小学校学習指導要録には「自然に親しみ、観察、実験などを行い、問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに自然の事物、現象についての理解を図り、科学的な見解、考え方を養う」と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。