教育相談の研究第一設問

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数586
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。」  教師が生徒に行うカウンセリングには、生徒指導、進路指導、教科指導が挙げられる。 生徒・進路指導の目的は社会性の育成、心の安定性の回復、自己実現力の育成である。
    前者の2つは「現在の生活」に、後者は「将来の生き方」に焦点が置かれている。
    しかし3者は表裏一体である。なぜなら現在の生き方が将来の生き方の基盤になり、将来の生き方への展望が現在の生き方や問題の解決に影響するからである。  それに対し教科指導の目的は、生徒にとっての新しい知識を、生徒が自らの既有知識を再構成しながら、自分自身で構成させる事である。その為..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。