家庭科教育法 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数603
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「平成10年12月告示の小学校学習指導要領家庭科の指導内容「(7)身の回りの物や金銭の計画的な使い方を考え、適切に買物ができるようにする。ア.物や金銭の使い方を自分の生活とのかかわりで考えること。イ.身の回りの物の選び方や買い方を考え、購入することができること。」とある。ここではどんなことを目標として、どんな実践をさせるのがよいか、具体的事例を1つ挙げ説明しなさい。」      
    平成10年12月告示の小学校学習指導要領家庭科の指導内容(7)の解釈としては、身の回りにある物の使い方を見直し,計画的に生活することの大切さが分かるようにし、物を選んだり購入したりするときに、自分の生活に必要かどうか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。