障害児の親の心理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,649
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    障害児の親の心理について
     障害児をもつ親の心理とは、一般的な健常者をもつ親の心理とは別に、育児の悩みや将来の不安は非常に大きなものである。例えば、障害児をどのように育てていけばいいのか、障害児の親亡き後、障害児がどうなるのか等である。
     障害児をもつ親の心理には、次の3つの段階が...

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害児の親の心理について
     障害児をもつ親の心理とは、一般的な健常者をもつ親の心理とは別に、育児の悩みや将来の不安は非常に大きなものである。例えば、障害児をどのように育てていけばいいのか、障害児の親亡き後、障害児がどうなるのか等である。
     障害児をもつ親の心理には、次の3つの段階があると考えられている。
    1)子どもの障害を認めない親
    ①子どもの障害を認識できず、本当は障害などないと思い込もうとする(否定の心理)。
     ②子どもの障害に認知しながらも、事実に容赦できず、専門家への相談を回避する(回避の心理)。
     ③子どもの障害に気づきながら、その事実を周知されないよう、隠したいと思う(隠す心理と過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。