病虚弱児・者について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,005
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    病虚弱児・者について
     病虚弱児者とは、病弱児者と虚弱児者の両方を合わせたことばである。
     病虚弱児者は心臓病、腎臓病、糖尿病、喘息、進行性筋ジストロフィー等の慢性的な疾病を患っている人をいう。
     虚弱児者は、風邪をひきやすい、痩せている、疲労しやすい人をいう。
     病虚弱児者は、病気や虚弱状態が影響し、日常生活において、健康障害、行動制限、体力の低下、周囲の不適切な養育(過保護、放任等)が生じ、病虚弱児者の性格行動に大きく影響する。
     例えば...

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    病虚弱児・者について
     病虚弱児者とは、病弱児者と虚弱児者の両方を合わせたことばである。
     病虚弱児者は心臓病、腎臓病、糖尿病、喘息、進行性筋ジストロフィー等の慢性的な疾病を患っている人をいう。
     虚弱児者は、風邪をひきやすい、痩せている、疲労しやすい人をいう。
     病虚弱児者は、病気や虚弱状態が影響し、日常生活において、健康障害、行動制限、体力の低下、周囲の不適切な養育(過保護、放任等)が生じ、病虚弱児者の性格行動に大きく影響する。
     例えば、罪と恐怖と、病気は悪いことをした罰であるという信念から、これまでの生活を反省し、自責をする。また、退行現象により、甘えたり、反抗する等の心理的特性を示す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。