B+:個別援助技術・集団援助技術・地域援助技術の基本原則と展開過程について具体的に述べなさい

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,804
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     個別援助技術・集団援助技術・地域援助技術の基本原則と展開過程について具体的に述べなさい。
    1.個別援助技術の原則
     個別援助技術において援助者が専門職として守るべき基本的態度・考え方というものを一般的に個別援助技術の原則という。ここではF.P.バイステックの7則を述べる。
     個別化:一人ひとりの個性を認め、個別的な対応を心掛けることが大切である。
     意図的な感情の表出:援助を進めるうえで有効であると判断するときには、彼らの感情表出を積極的に刺激したり、表現を励ますことが必要である。
    がら、利用者の感情に、適切な形で反応することである。
     受容:援助者が利用者をありのままの姿で理解し、援助の効..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。