A:社会福祉援助技術の歴史的展開について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数616
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術の歴史的展開について
     社会福祉援助技術における人と人との助け合いや支え合いの精神は、古代より、さまざまな手法・形で行われてきた。しかし、近代以前の援助は、狭小な範囲内においての援助が主であった。具体的には、家族や親せきなどの血縁や、同じ部落や村落における地縁の同質の集団内部での助け合いに限られていた。これらの狭小な枠組みを超えたものが、いわゆる「慈善」や「博愛」という考え方である。これらの考え方の根底には、援助者個人の「憐れみ」や「同情」といった感情や自己満足、あるいは、キリスト教的倫理観が主な動機となっている。現代におけるすべての国民を対象に最低生活を保障する社会制度とは異..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。