【HAPPYCAMPUS】時事予想問題9

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数248
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※本レポートの目的は、学習情報共有として提供しております。最近の国際及び日本の重大になっているニュース記事を中心にまとめておきました。是非、ご活用ください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    HAPPYCAMPUS予想時事問題
    ※本レポートの目的は、学習情報共有として提供しております。最近の国際及び日本の重大になっているニュース記事を中心にまとめておきました。是非、ご活用ください。
    【経済1】内閣府が17日朝発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比1.0%増、年率換算で4.1%増だった。プラス成長は3四半期連続。エコカー補助金の復活で自動車販売が好調に推移したことや、東日本大震災からの復興事業が本格化し公共投資が伸びたことが寄与した。
     QUICKが16日時点で集計した民間予測の平均値は前期比0.9%増、年率3.5%増だった。生活実感に近い名目GDPは前期比1.0%増、年率で4.1%増だった。
     実質GDPの増減への影響を示す寄与度は、内需がプラス0.9ポイント、外需はプラス0.1ポイントだった。
     需要項目別に見ると、個人消費が1.1%増。自動車販売の増加に加えて、冬の寒さが厳しかったことで衣料販売が伸びた。震災以降悪化していた消費マインドが改善し、旅行や外食も堅調だった。
     住宅投資は1.6%減。雇用や所得の環境の改善が進まな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。