【HAPPYCAMPUS】時事予想問題7

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数238
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※本レポートの目的は、学習情報共有として提供しております。最近の国際及び日本の重大になっているニュース記事を中心にまとめておきました。是非、ご活用ください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    HAPPYCAMPUS予想時事問題
    ※本レポートの目的は、学習情報共有として提供しております。最近の国際及び日本の重大になっているニュース記事を中心にまとめておきました。是非、ご活用ください。
    【経済1】4月の月例経済報告、判断据え置き。輸出改善も力強さ欠く。
    古川元久経済財政・国家戦略相は12日、4月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。堅調な内需に加え、落ち込んでいた輸出も下げ止まりを示した。しかし、景気をけん引する力に欠け、景気の総括判断を「緩やかに持ち直している」と6カ月連続で据え置いた。
    項目別にみると、東日本大震災の被災3県を中心に着工が増えたことを受けて、住宅建設は「このところ持ち直しの動きがみられる」と、判断を7カ月ぶりに上方修正した。
    輸出は「このところ弱含んでいる」から「横ばいとなっている」と昨年8月以来、8カ月ぶりに引き上げた。明るさを取り戻した米国に加え、アジア向けも持ち直していることが要因。しかし、内閣府は「輸出が日本経済をけん引していく状況ではない」と慎重にみている。
    生産については「緩やかに持ち直している」を維持。足元では在庫調整を終えた半導体など電子部..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。