風力発電12%シナリオ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数577
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    方 法
    この研究の目的は、2020 年までに風力発電を世界電力需要の12%まで拡大させる可能性を調査す
    ることである。その過程では、技術・経済・資源面でのさまざまな意味での検討を必要とした。
    この研究では、主に次のような要素を用いた。
    ●世界の風力資源とそれらの地理分布のアセスメント
    ●必要とされる発電量と配電網への受け入れの可能性
    ●風力エネルギー市場の現状と潜在的成長率
    ●風力エネルギー技術とコスト面の分析
    ●「学習曲線理論(learning curve theory)」を用いた他の最新技術との比較
    これは1999 年に発表した前研究Wind Force 10(「風力発電10%シナリオ」)の内容を更新した
    ものである。前研究と同じく、これは予測ではなく、実行可能性の調査であり、その実現は世界
    各国の政府による意思決定にかかっている。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    仮 訳
    Wind Force 12
    風力発電 12%シナリオ
    2020 年までに世界の電力の 12%を風力発電でまかなうための青写真
    要約
    共著:グリーンピース・インターナショナル
    欧州風力エネルギー協会
    2002 年 5 月
    仮訳作成:グリーンピース・ジャパン
    2002 年 8 月
    ※ 本報告書には、G8 再生可能タスクフォースの共同議長の一人である Sir マーク・ムーディ-
    スチュアートから序文が寄せられている(序文原文は要約の末尾に添付)
    ※ 全文(英文)は次のアドレスから PDFフォーマットでダウンロード可能:
    http://www.choose-positive-energy.org/html/content/news_prscntr.html
    要 約
    方 法
    この研究の目的は、2020 年までに風力発電を世界電力需要の 12% まで拡大させる可能性を調査す
    ることである。その過程では、技術・経済・資源面でのさまざまな意味での検討を必要とした。
    この研究では、主に次のような要素を用いた。
    ●世界の風力資源とそれらの地理分布のアセスメント
    ●..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。