エネルギーデータから世界を読む

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数46
閲覧数570
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    中部原子力懇談会主催
    ~平成19年度エネルギー・環境研究会 セミナーA~
    講演:四日市大学環境情報学部教授
    クィーンズランド大学客員教授 新田義孝

    1 今、地球で何が起こっているのか
    (1)人口増加とエネルギー大量消費
    (2)エネルギー資源の供給制約
    (3)地球温暖化問題
    2 日本のエネルギー情勢
    (2)エネルギーの効率利用技術は世界一
    3 エネルギー環境問題の解決策は?
    (1)新エネルギーの現状と課題
    (2)省エネ、バイオマス燃料、ハイブリッド車などさまざまな取り組みも
    (3)CO2を排出しない原子力発電

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    「エネルギーデータから世界を読む」  中部原子力懇談会主催   ~平成19年度エネルギー・環境研究会 セミナーA~ 講演:四日市大学環境情報学部教授          クィーンズランド大学客員教授 新田義孝
    1 今、地球で何が起こっているのか (1)人口増加とエネルギー大量消費
    1―1 人類とエネルギーのかかわり
    人類とエネルギーのかかわりは、数百万年前の「火の発見」から始まり、18世紀の動力革命以降はエネルギー消費量が急増している。
    世界人口の動向と長期的予測
    出典:「全予測2030年のニッポン(三菱総合研究所編)」より抜粋 出所:国連”World Population Prospects : The 2004 Revision”および 
        国連”World Population Projections to 2150 Population Division”より三菱総合研究所作成
    世界および中国インドの人口ピラミッドの変化
    世 界
    中 国
    インド
    2005年
    2030年
    出典:「全予測2030年のニッポン(三菱総合研究所編)」より抜粋 出所:国連”World P..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。