帆走型メガフロート風力発電

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数29
閲覧数1,392
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    帆走型メガフロート風力発電
    木下 健(東大生研)、寺尾 裕(東海大)、高木 健(阪大)、田中 進(三井昭島)、井上憲一(IHIMU)
    エネルギーのパラダイム転換
    木守り柿型のエネルギー生産
    経済性の観点に加えて環境負荷を最小化する事を価値基準に据える例えば実質生涯生成エネルギー当たりの生涯生成CO2
    実質生涯生成エネルギーは生涯生成エネルギーから生涯稼動エネルギーとシステム構築エネルギーを差し引いた収支
    移動式洋上風力発電
    水素社会が始まる頃、
     すなわち燃料電池が一般化する頃、
     あるいは大容量の蓄電器が実現する頃
    係留不要、送電線不要
    適度な風速を求めて移動するので何時も効率よ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。