風レンズ(風の局所集中効果)による 風力発電の高出力化

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数30
閲覧数1,901
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    風レンズ(風の局所集中効果)による 風力発電の高出力化
     大屋裕二、烏谷 隆、深町信尊、
     渡辺公彦 
     (九州大学応用力学研究所)
     茶木田 浩(九大院航空宇宙)
    内 容
    なぜ風力エネルギー、背景と現状
    風力発電と風レンズ効果
    集風加速装置の開発
    まとめと今後の課題
    近年、化石燃料の大量消費による
    地球環境の悪化(地球クライシス)
    温暖化現象、酸性雨、森林破壊、
    砂漠化、異常気象、などが深刻な
    社会問題となっている
    社会的背景
    ☆ COP3:地球温暖化防止京都会議
    (1997年12月)
    温室効果ガス排出量
    2008年~2012年
    1990年レベルから
    6%削減
    ☆ 長期エネルギー需給見通し
    (1998年6月)
    化石燃料の割合
    1996年    2010年
     83%   75%まで削減
    石油の割合
    50%程度まで削減
     55% 
    1996年
    3.1%へ
    増加
    2010年
    風力発電に関する2010年の目標見直し
    1.1%
    1996年
    2010年
    新エネルギーの比率
    1998.6    2000.3
    30万kW
    300万kWへ
    増加
    日本の風力開発の推移
    Wind Turbine Ca

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    風レンズ(風の局所集中効果)による 風力発電の高出力化
     大屋裕二、烏谷 隆、深町信尊、
     渡辺公彦 
     (九州大学応用力学研究所)
     茶木田 浩(九大院航空宇宙)
    内 容
    なぜ風力エネルギー、背景と現状
    風力発電と風レンズ効果
    集風加速装置の開発
    まとめと今後の課題
    近年、化石燃料の大量消費による
    地球環境の悪化(地球クライシス)
    温暖化現象、酸性雨、森林破壊、
    砂漠化、異常気象、などが深刻な
    社会問題となっている
    社会的背景
    ☆ COP3:地球温暖化防止京都会議
    (1997年12月)
    温室効果ガス排出量
    2008年~2012年
    1990年レベルから
    6%削減
    ☆ 長期エネルギー需給見通し
    (1998年6月)
    化石燃料の割合
    1996年    2010年
     83%   75%まで削減
    石油の割合
    50%程度まで削減
     55% 
    1996年
    3.1%へ
    増加
    2010年
    風力発電に関する2010年の目標見直し
    1.1%
    1996年
    2010年
    新エネルギーの比率
    1998.6    2000.3
    30万kW
    300万kWへ
    増加
    日本の風力開発の推移
    Wind Turbine Ca..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。