太陽光発電の現状と展望

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数2,201
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介



     











    30 日本貿易会 月報
    1.はじめに
    京都議定書の発効を機に、地球環境保全意識
    は一層高まりを見せており、温暖化防止のため
    にCO
    2等の削減が重要な課題となっています。
    一方、化石エネルギー埋蔵量の限界とエネルギ
    ー消費の増大によるエネルギー資源の枯渇によ
    り、環境にやさしい再生可能エネルギーの創出
    が急務で、太陽光発電システムは、世界各国で
    注目を集めており、導入量が急増しています。
    2.太陽光発電とは(仕組みと概要)
    現在主流の材料は、半導体のシリコンであり、
    N型とP型の異なる電気的性質の半導体を一つ
    にした構造で、光エネルギーにより電子(-)
    と正孔(+)が生まれ、それぞれがN型/P型
    シリコンに多く集まり、外部負荷へ電流を流す
    ことができます。
    このため太陽光発電の最大の特長は、自然に
    ふり注ぐ太陽の光を利用した環境にやさしい発
    電システムであることですが、①半導体の電子
    と正孔の動きにより発電するためクリーンで静
    かであり、排出物(CO
    2)を出さないこと、②
    エネルギー輸送のインフラ整備がいらないこと
    (屋根を有効活用し自家発電)、③建材としても
    活用できることなどがあります。
    太陽電池にはさまざまな種類があり、主流は
    単結晶、多結晶、シリコン、アモルファスシリ
    コン、結晶薄膜ですが、一部宇宙用などに化合
    物系も実用化されています。
    発電の仕組みとしては、昼間発電した余剰電
    力を電力会社へ戻し、夜間電力会社から消費分
    を使用し売買を行う系統連系方式と、蓄電池と
    の併用で独立型の運営を行う独立型方式の仕組
    みがあり、これらにより設置のバリエーション
    が広がっています。
    3.太陽光発電の市場動向
    太陽電池の生産量は、年々増加しており、
    2004年の太陽電池生産量は、(PV News調べ)
    図のように1MW級に達しました。
    国別の生産量は日本が市場をリードした形と
    なっていますが、欧州特にドイツが政府指導
    (電力買取制度)の下、急伸しつつあります。
    また、需要地域については累積設置容量により、
    日本、ドイツ、米国が大きなウェイトを占めて
    いましたが、今後の需要を考えた場合、これら
    以外に中国、インドなどのアジアでその電力事
    情から拡大が期待されます。
    また今後、太陽光発電システム機器の導入に
    加え、排出権取引を活用した新しいビジネスチ
    ャンスも創出される可能性があります。
    4.当社の太陽光発電への取り組み
    当社は、1959年に開発を開始し、1960年代よ
    り海上保安庁の灯台用電源に納入し、航路の標
    識として長年活用されています。また、人工衛
    星用太陽電池では、JAXA(宇宙航空研究開発
    機構)の支援の下、国内の衛星に搭載されてい
    太陽光発電の現状と展望
    松 井 美 憲(まつい よしのり)
    シャープ株式会社
    ソーラーシステム事業部 企画部課長

    稿
     

























    2005年12月号 No.632 31
    ます。太陽光発電の本格的な普及拡大は、1994
    年の住宅用太陽光発電の導入開始からで、以降
    住宅用、産業用に生産量の拡大およびアプリケ
    ーションの拡大により市場創造に努めていま
    す。
    5.設置の例
    太陽光発電システムの設置にはさまざまなシ
    ーンがあります。前述の灯台、人工衛星から一
    般家庭の住宅用太陽光発電システム、公共産業
    としてのビルへの設置、発電電力プラントなど
    に広がっています。また最近

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )



     











    30 日本貿易会 月報
    1.はじめに
    京都議定書の発効を機に、地球環境保全意識
    は一層高まりを見せており、温暖化防止のため
    にCO
    2等の削減が重要な課題となっています。
    一方、化石エネルギー埋蔵量の限界とエネルギ
    ー消費の増大によるエネルギー資源の枯渇によ
    り、環境にやさしい再生可能エネルギーの創出
    が急務で、太陽光発電システムは、世界各国で
    注目を集めており、導入量が急増しています。
    2.太陽光発電とは(仕組みと概要)
    現在主流の材料は、半導体のシリコンであり、
    N型とP型の異なる電気的性質の半導体を一つ
    にした構造で、光エネルギーにより電子(-)
    と正孔(+)が生まれ、それぞれがN型/P型
    シリコンに多く集まり、外部負荷へ電流を流す
    ことができます。
    このため太陽光発電の最大の特長は、自然に
    ふり注ぐ太陽の光を利用した環境にやさしい発
    電システムであることですが、①半導体の電子
    と正孔の動きにより発電するためクリーンで静
    かであり、排出物(CO
    2)を出さないこと、②
    エネルギー輸送のインフラ整備がいらないこと
    (屋根を有効..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。