太陽光発電産業技術ビジョン

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数834
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    太陽光発電産業技術ビジョン
    -PV産業創生のための産業技術確立に向けた提言-
    1. はじめに
    日本の太陽光発電(PV)産業は、2001 年度に単
    年度出荷量約 190MW、出荷金額約 1,100 億円に達

    [1]、1999年度以来世界のPV産業の中でトップの座
    を保っている。
    PV は、世界的にも本格的需要期を迎える兆しが
    見られ、
    ・ 電源多様化によるエネルギー供給への寄与
    ・ CO2ガス排出抑制による地球環境保全への貢献
    ・ 新産業創出による経済の活性化
    など、PV の担うべき役割に対する期待が大きく膨ら
    んでいる。
    このような状況下で、太陽光発電協会(JPEA)によ
    る「太陽光発電産業自立に向けたビジョン」が発表さ

    [2] [4]、1~2 兆円産業を目指す日本のPV産業ビジ
    ョンが提示された。
    しかしながら、PV 産業が継続的に発展して担うべ
    き役割を全うするようになるまでには、解決すべき多
    くの問題がある。なかでも、PV の経済性をみると、主
    要な用途となっている住宅用 PV システムでは、その
    発電単価[円/kWh]が既存の電源に比して約 3 倍と
    高価格である。PV 産業創生のためには、一層の低
    価格化を進め、広い需要層に受け容れられる商品を
    提供できるようにすることが必要不可欠であり、これら
    の課題を克服するためには、今後も、政府¥業界¥学
    界の協調関係のもとに切れ目のない技術開発と関連
    する諸制度の整備を進めていくことが重要である。
    太陽光発電技術研究組合(PVTEC)戦略企画小
    委員会は、長期的に見たPV産業の主に技術関連課
    題について、その解決への道筋を明らかにすべく、
    2001 年 11 月から2002 年 12 月にかけてPV産業技
    術ビジョン研究を行った。本稿はその活動成果の要
    約である。
    2. 産業技術ビジョンの考え方
    2.1 産業技術ビジョンの必要性
    PVモジュールのコスト低減等の技術開発計画とし
    ては、新エネルギー¥産業技術総合開発機構
    (NEDO)の「太陽光発電技術研究開発」が、主に
    2010 年の PV 導入目標
    [3]達成に重点を置いて推進
    されているが、さらに、2010 年度以降を見据えた
    JPEA 産業ビジョンを実現するためには、一層の技術
    進化を追求する必要があり、そのための課題を洗い
    出し、解決に向けた新たな取組方策を見出して、現
    行の技術開発計画を強化することが重要である。こ
    れには、
    1) JPEA 産業ビジョンをベースとして、将来の PV
    技術のあり方、なかでも PV による発電単価の
    あるべき水準を想定し、
    2) それを可能とするPVモジュールコスト、BOS
    *1
    コスト、付加価値(CO2 排出抑制効果等の価
    値)、商品としての信頼性等を分析し、
    3) 具体的な技術開発課題、支援策等につき目標
    年度を示した行動計画を検討する
    ことが有効と考えられる。
    2.2 産業技術ビジョンの視点
    PV 産業の今後の姿を、JPEA 産業ビジョンを踏ま
    えて考えると、概ね次のように想定される。


    2010 年頃
    出荷規模が単年度 1.2GWに到達
    2020 年頃
    出荷規模が単年度 4.3GWに到達
    2030 年頃
    出荷規模が単年度 10GWに到達



    ・ PVモジュールの種別では、バルクSi系
    が過半を占めるが、一方、薄膜(Si、
    CIS)系も市場評価が定着し、相応の市
    場シェアを獲得する。
    ・ 住宅用 PV システムの発電単価

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    太陽光発電産業技術ビジョン
    -PV産業創生のための産業技術確立に向けた提言-
    1. はじめに
    日本の太陽光発電(PV)産業は、2001 年度に単
    年度出荷量約 190MW、出荷金額約 1,100 億円に達

    [1]、1999年度以来世界のPV産業の中でトップの座
    を保っている。
    PV は、世界的にも本格的需要期を迎える兆しが
    見られ、
    ・ 電源多様化によるエネルギー供給への寄与
    ・ CO2ガス排出抑制による地球環境保全への貢献
    ・ 新産業創出による経済の活性化
    など、PV の担うべき役割に対する期待が大きく膨ら
    んでいる。
    このような状況下で、太陽光発電協会(JPEA)によ
    る「太陽光発電産業自立に向けたビジョン」が発表さ

    [2] [4]、1~2 兆円産業を目指す日本のPV産業ビジ
    ョンが提示された。
    しかしながら、PV 産業が継続的に発展して担うべ
    き役割を全うするようになるまでには、解決すべき多
    くの問題がある。なかでも、PV の経済性をみると、主
    要な用途となっている住宅用 PV システムでは、その
    発電単価[円/kWh]が既存の電源に比して約 3 倍と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。