地球温暖化シミュレーションとは

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数969
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    解説映像
    地球温暖化シミュレーションとは
    概要
    地球温暖化に対して、私たちがもし何も対策をしなければ、
    2100年の地球はどうなってしまうのでしょうか。
    温暖化の影響を予測し、防止する対策を検討するために、世
    界中で物理法則に基づくコンピュータシミュレーションであ
    る「気候モデル」によって未来の気候を予測する研究が行わ
    れています。本サイトでご覧いただくシミュレーション映像
    は、国立環境研究所、東京大学気候システム研究センター、
    海洋研究開発機構の共同研究チームによって、世界最大級の
    スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」を使って1950年
    から2100年までの地球温暖化予測を行った研究成果です。「
    経済成長優先でグローバル化が進み、化石燃料と新技術をバ
    ランスよく用いる社会」を想定して計算されています。
    計算結果の映像の内容を、より深くご理解いただくために、
    まずは本映像をご覧ください。この映像を最後までご覧いた
    だくと、その他の映像が視聴できるようになります。
    解説:江守正多(国立環境研究所)
    シミュレーション映像1
    地表気温の変化(1)
    概要
    1950年から2100年までの、地表から2mの高さの気温の変
    化を示しています。1900年頃の各地点の平均地表気温を基
    準に、気温が上がるところは赤色、下がるところは青色で
    示しています。
    温暖化と聞いて、まず気になるのは気温の変化ですが、地
    球 は 一様に暖まっていくわけではありません。たとえば、
    北極やヒマラヤ付近は、現在は雪や氷で覆われています。
    こうした地域は、温暖化によって雪や氷が溶けて黒い地面
    や海面が表に出てくることにより、太陽の光を余計に吸収
    するようになります。そのため、他の地域に比べて温度上
    昇が高くなります。また、海上よりも陸上のほうが、温度
    上昇が高いところが多いことなどががわかります。
    シミュレーション映像2
    地表気温の変化(2)
    概要
    1950年から2100年までの、地表から2mの高さの気温の変
    化を示しています。1900年頃の各地点の平均地表気温を基
    準に、気温が上がるところは赤色、下がるところは青色で
    示しています。年々の自然の揺らぎを繰り返しながら、徐
    々に気温が上昇していく様子がわかります。
    右側のグラフは、地球表面全体を平均した地表気温の変化
    を示しています。このシミュレーションでは、1900年と比
    べて、2028年に2℃、2052年に3℃、2100年に5℃上昇する
    ことが予測されました。この結果は、世界で研究されてい
    る予測結果の中では、かなり高い数値です。
    シミュレーション映像3
    降水量の変化率
    概要
    1900年頃に各地点に降っていた平均降水量に比べて、どれ
    くらい増減するかを示しています。降水量が増加するとこ
    ろを青色、減少するところを赤色で示しています。1900年
    を基準として、その値からの変化を%で表していますので、
    もともと雨が少ない砂漠などでは、大きな変化が見られる
    ように表示されます。
    地球が暖かくなることによって、大気の中に含まれる水蒸
    気の量が増えます。また、地球全体の平均では、降水量が
    増え、地表からの蒸発量も増えます。つまり、地球をめぐ
    る水の循環が今よりも活発になると考えられています。
    温暖化が進むと、高緯度地方や、熱帯太平洋で降水量が増
    えることが予測されています。
    逆に、もともと降水量が
    少ない亜熱帯を中心に、ますます雨が減る地域が出てきま
    す。
    シミュレーション映像4
    土壌水分量の変化率
    概要
    土壌水分とは、地面の湿り具合のことで

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    解説映像
    地球温暖化シミュレーションとは
    概要
    地球温暖化に対して、私たちがもし何も対策をしなければ、
    2100年の地球はどうなってしまうのでしょうか。
    温暖化の影響を予測し、防止する対策を検討するために、世
    界中で物理法則に基づくコンピュータシミュレーションであ
    る「気候モデル」によって未来の気候を予測する研究が行わ
    れています。本サイトでご覧いただくシミュレーション映像
    は、国立環境研究所、東京大学気候システム研究センター、
    海洋研究開発機構の共同研究チームによって、世界最大級の
    スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」を使って1950年
    から2100年までの地球温暖化予測を行った研究成果です。「
    経済成長優先でグローバル化が進み、化石燃料と新技術をバ
    ランスよく用いる社会」を想定して計算されています。
    計算結果の映像の内容を、より深くご理解いただくために、
    まずは本映像をご覧ください。この映像を最後までご覧いた
    だくと、その他の映像が視聴できるようになります。
    解説:江守正多(国立環境研究所)
    シミュレーション映像1
    地表気温の変化(1)
    概要
    1950年から2100年までの、地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。