地球温暖化について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数16
閲覧数1,167
ダウンロード数66
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

       資 料 2
              
    地球温暖化について
    平成14年5月28日
    第1回地球環境保全と森林に関する懇談会
    1
                   IPCC(気候変動に関する政府間パネル)
    第三次報告による
                   
    気候の変化
    (第1作業部会)
    ○ 過去 50 年間の温暖化の大部分は人間活動に
     起因。
    ○さらに21世紀末までに、1990 年と比べ、
    地球の平均気温が、最大5.8℃上昇
    平均海面水位が、最大88cm上昇
    豪雨、渇水などの異常気象現象が増加
    影響・適応
    (第2作業部会)
    ○温暖化は、すでに脆弱な生態系に影響。
    ○さらに次のような影響を予測。
    40cmの海面上昇で、世界の浸水被害が7千5百万
    人~2億人増加
    途上国の農業生産等に大きな悪影響を与え、南北格差
    が拡大
    生態系の破壊、伝染病の拡大
    ○対策技術面で大きな進展。
    全世界の排出レベルを 2010~2020
    年において
    2000 年の水準以下にできる可能性
    ○排出量取引で京都議定書の実施コストが低減。
    先進国の 2010 年における GDPの損失を半減させ
    ることが可能
    ○多くの技術・社会・制度的な障害の克服が必要
    緩和対策
    (第3作業部会)
    地球温暖化問題
    最新の科学的知見
    2
    0
    200
    400
    600
    800
    1,000
    1,200
    1,400
    基準年
    1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
    (年度)



     










    SF6
    PFCs
    HFCs
    N2O
    CH4
    CO2
    1999 年度の我が国の温室効果ガス総排出量は、京都議定書の基準年に比べて約
    6.8%増加。
    世界の温室効果ガス排出量
    各国の二酸化炭素排出割合
    (1998年)
    EU
    13.4%
    メキシコ
    1.6%
    カナダ
    2.0%
    インド
    4.6%
    日本
    5.0%
    米国オークリッジ研究所ホーム
    ページ資料より
    作成
    合計
    約229億トン
    CO2
    スペイン
    1.1%
    フランス
    1.6%
    ロシア
    6.3%
    イタリア
    1.8%
    イギリス
    2.4%
    ドイツ
    3.6%
    その他
    (190ヶ国)
    29.6%
    中国
    13.6%
    米国
    23.8%
    我が国の温室効果ガス排出量の推移
    ○ 米国は世界の約4分の
    1を排出。
    ○ 中国、インド等の途上
    国もかなりの排出量で
    あり、増加も懸念され
    ている。
    3
    温暖化防止のための国際交渉
    気候変動枠組み条約(1992 年採択、1994 年発効)
    ・先進国は 1990 年代末までに温室効果ガス排出量を 1990 年レベルまで戻すことを目指す
    (努力目標)。
    気候変動枠組み条約京都議定書(1997 年京都会議(COP3)で採択)
    ・先進国に法的拘束力ある数値目標を各国毎に設定。(2008~2012年において 1990年比で日
    本は-6%、米国は-7%、EUは-8%)
    気候変動枠組み条約第六回締約国会議(COP6 2000 年12 月)
    ・京都議定書の運用ルールについて合意に至らず。
    米国京都議定書不支持表明
     (2001 年3月)
    ・途上国に義務がない
    ・米国経済に悪影響
    COP6再開会合 (2001 年7月)
    ・京都議定書の運用ルールの中核的要素について基本的合意(ボン合意)が得られる(米国
    は合意に参加せず)。
    COP7 (2001 年10~11 月 マラケッシュ(モロッコ))
    ・京都議定書発効に向け、ボン合意を踏まえ、運用ルールの成文(テキスト)に合意。
    運用ルール(例

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       資 料 2
              
    地球温暖化について
    平成14年5月28日
    第1回地球環境保全と森林に関する懇談会
    1
                   IPCC(気候変動に関する政府間パネル)
    第三次報告による
                   
    気候の変化
    (第1作業部会)
    ○ 過去 50 年間の温暖化の大部分は人間活動に
     起因。
    ○さらに21世紀末までに、1990 年と比べ、
    地球の平均気温が、最大5.8℃上昇
    平均海面水位が、最大88cm上昇
    豪雨、渇水などの異常気象現象が増加
    影響・適応
    (第2作業部会)
    ○温暖化は、すでに脆弱な生態系に影響。
    ○さらに次のような影響を予測。
    40cmの海面上昇で、世界の浸水被害が7千5百万
    人~2億人増加
    途上国の農業生産等に大きな悪影響を与え、南北格差
    が拡大
    生態系の破壊、伝染病の拡大
    ○対策技術面で大きな進展。
    全世界の排出レベルを 2010~2020
    年において
    2000 年の水準以下にできる可能性
    ○排出量取引で京都議定書の実施コストが低減。
    先進国の 2010 年における GDPの損失を半減させ
    ることが可能
    ○多くの技術・社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。