障害児教育について、教師が配慮すべきこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数637
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害のある子どもへ、教師として向き合うにあたって
    1.常に新鮮な目で子どもを見つめること
    2.支援にあたって、計画・目標を立てること
    3.保護者・専門化との連携

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害のある子どもへ、教師として向き合うにあたって
    常に新鮮な目で子どもを見つめること
    教師として、障害のある子どもに対して、その子の障害について一般的にいわれている特徴を理解し、それを踏まえた上で向き合っていくことはもちろん重要だ。しかしこれには、医療的な診断名にとらわれ、子どもが見えなくなってしまう危険がある。
    教師として、障害の特徴について理解すること、どのような支援が有効かという知識を持つことは、やはり必要であろう。しかし、診断名はあくまで便宜的なものだし、そもそも“障害”といわれるものも、相対的なものである。「障害も個性」という言葉もあるように、誰ひとりとしてまったく同じ特徴の障害児は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。