先進国におけるエイズの偏見の問題〜映画「フィラデルフィア」を観て

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数870
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「エイズへの偏見」と聞いて、これまで私が見聞きしたことがあるものといえば、映画の前半にあった、弁護士のジョーがエイズ感染者であるアンドリューからその事実を聞いたとたんに、握手していた手を引き、よそよそしくなったシーンに見られたような、“うつるのが怖いから近寄りたくない”というような態度でしかなかった。しかし、映画の中では、男性がエイズ患者というだけで、「同性愛者(ゲイ)では」と問われたり、彼を弁護するジョーもゲイだと思われたり、エイズは“ゲイのガン”と言われているということが語られていて、エイズ問題と同性愛問題の、結びつきの強さがよくわかった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    先進国におけるエイズの偏見の問題~映画「フィラデルフィア」を観て
     映画「フィラデルフィア」を観て、先進国のエイズの問題が、こんなにも同性愛(ホモ)に関係しているという事実をはじめて知り、信じられないと思った。エイズに対するひどい偏見にはもちろん驚いたが、それよりも、同性愛に対する偏見があれほどまでにあるのか、と驚いてしまった。
     「エイズへの偏見」と聞いて、これまで私が見聞きしたことがあるものといえば、映画の前半にあった、弁護士のジョーがエイズ感染者であるアンドリューからその事実を聞いたとたんに、握手していた手を引き、よそよそしくなったシーンに見られたような、“うつるのが怖いから近寄りたくな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。