エイズ治療薬における特許問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数591
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私はエイズ治療薬のコピー薬の輸入または製造について、製薬会社は認めるべきであると考える。
    まず、特許権とは何か。特許権は、知的財産権(知的所有権)である著作権と、産業財産権(工業所有権)のうち、産業財産権に分類されるものである。さて、?特許権と著作権の違いと、?「国際政治と著作権」について、岡本薫は次のように書いている(1)。
    ?「例えば、ある『新薬』の製法について特許権が付与されており、その製法が論文に書かれていたとする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エイズ治療薬における特許問題
     私はエイズ治療薬のコピー薬の輸入または製造について、製薬会社は認めるべきであると考える。
     まず、特許権とは何か。特許権は、知的財産権(知的所有権)である著作権と、産業財産権(工業所有権)のうち、産業財産権に分類されるものである。さて、①特許権と著作権の違いと、②「国際政治と著作権」について、岡本薫は次のように書いている(1)。
    ①「例えば、ある『新薬』の製法について特許権が付与されており、その製法が論文に書かれていたとする。この場合、その『製法』に従って同じ薬を無断で製造・販売すると、『アイディアの盗用』となって『特許権侵害』になる。これに対して、その「論文」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。