性格検査を子どもにすべきか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数693
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ある学生は,家庭教師先の子どもの性格を知るために性格検査をしようかと思っている.」これついて私は,性格検査はしないべきではないかと考える.理由は以下の3点である.
    第一に,家庭教師がその検査の結果によって,子どもに一定のイメージを持ってしまうからである.例えば,ある子どもに「嘘をつきやすい傾向がある」という検査結果が出たとしたら,家庭教師はその子どもを,検査結果を通さずに見ることができるだろうか.その子どもが言ったことを,余計に疑ったりはしないだろうか.

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    性格検査を子どもにすべきか
     「ある学生は,家庭教師先の子どもの性格を知るために性格検査をしようかと思っている.」これついて私は,性格検査はしないべきではないかと考える.理由は以下の3点である.
     第一に,家庭教師がその検査の結果によって,子どもに一定のイメージを持ってしまうからである.例えば,ある子どもに「嘘をつきやすい傾向がある」という検査結果が出たとしたら,家庭教師はその子どもを,検査結果を通さずに見ることができるだろうか.その子どもが言ったことを,余計に疑ったりはしないだろうか.子どもに対して一定のイメージを持つことは,子どもと深く関わっていくことをかえって困難にするのではないかと思う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。