エイズ孤児問題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数502
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    エイズ孤児問題についてまずあげられるのは、経済的な問題である 。エイズによって親が働けなくなったり、亡くなったりすることで収入が減るだけでなく、治療や亡くなったときの葬儀にかかる費用など出費も増える。これによってエイズ孤児は衣服や食料を十分に得られず、健康サービスや教育も満足に受けられなくなる。家計を支えたり自分で生計を立てたりするため、もしくは誘拐されて、売春や少年兵、重労働に携わることも多い。また特に乳幼児期に両親を失った子どもは、出生登録されないまま孤児になり、そのせいで親の遺産を相続する権利が認められなくなってしまうこともある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エイズ孤児問題について
     経済的な問題
    エイズ孤児問題についてまずあげられるのは、経済的な問題である 。エイズによって親が働けなくなったり、亡くなったりすることで収入が減るだけでなく、治療や亡くなったときの葬儀にかかる費用など出費も増える。これによってエイズ孤児は衣服や食料を十分に得られず、健康サービスや教育も満足に受けられなくなる。家計を支えたり自分で生計を立てたりするため、もしくは誘拐されて、売春や少年兵、重労働に携わることも多い。また特に乳幼児期に両親を失った子どもは、出生登録されないまま孤児になり、そのせいで親の遺産を相続する権利が認められなくなってしまうこともある。このほかにも、次のような影響を受ける。
    片親がエイズで亡くなっていて、もう片方の親がエイズに感染している場合は、治療費が払えず入院できないことがほとんどで、子どもが介護しなければならなくなる。
    ②両親とも失った場合、多くは親戚に引き取られるが、経済力がないため家事や労働を強要されたり、学校に行かせてもらえなかったり、ひどい場合には売春や少年兵、重労働に売られることもある。またコミュニティ内にエイズ孤児が増えると、コ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。