S8103 教育社会学1 リポート (2011年対応)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数219
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年対応の最新版です。
    2010年までと変更は無いようです。参考にされてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。
     まず、学歴社会とは何かについて述べる。「学歴社会」とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。
     日本における学歴社会ともいえる始まりは、明治時代にさかのぼる。明治時代初期は、「富国強兵」に代表される欧米を意識した国家目標を達成するため、身分階級に縛られた形で人の教育・職業が決定されるシステムは適さなかった。このような変革期に各分野のリーダーを質量両面で安定的に養成するには、より効率的な人材養成・登用のシステムが求められた。この必要性を満たすものとして当時考えられたのが学歴社会・主義であり、学校という場にできるだけ広い諸階層の子どもを集め、そこで一定のルールに基づき子どもを競わせ、学校という場でのパフォーマンスに応じて社会的・職業的地位を振り分けるようになった。
     学歴社会は、一方では国民の精神的、知的統合や識字率の向上など文化的基盤を整備する役割を果たし、また他方では多方面にわたるリーダーを質量ともに安定的に供給..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。