S0533 生徒指導・進路指導の研究(中・高) リポート (2011年対応)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数250
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年対応の最新版です。
    2010年までと変更は無いようです。参考にされてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学・高校における生徒指導の原理は何か、また、その際に留意しなければならないことは何か、説明してください。
     文部省(現文部科学省)が1965年に発行した「生徒指導の手引き」は、それ以前にさまざまに解釈されていた生徒指導の概念を統一し、ある一定の方向性を示したものといえる。
     その後、45年ぶりとなる2010年には、文部科学省は「生徒指導提要」を作成した。その中の第1章「生徒指導の意義と原理」において、生徒指導の意義やその課題、教育課程における生徒指導の位置付け、前提となる発達観と指導観、集団指導・個別指導の方法原理、学校運営と生徒指導の関係について述べられている。
     当リポートでは、「生徒指導の手引き」にてあげられている4点の生徒指導の原理(①自己指導の助成のための方法原理、②集団指導の方法原理、③援助・指導の仕方に関する原理、④組織・運営の原理)のそれぞれについて、最新の「生徒指導提要」に記載されている内容を追いながら、その留意点について具体例もあわせて述べる。
     ①自己指導の助成のための方法原理、においては、自発性、自主性、自律性、主体性の促進があげられる。
     自らの人格の完成を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。