ミュラーリヤーの錯視図形

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数8,378
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1章  序論
    われわれは、物理学的な大きさや形を、あるがままに受け取っているとは限らない。それを端的に示しているのが、幾何学的錯視である。『幾何学的錯視(geometrical-optical illusion)というのは、平面図形の幾何学的性質(大きさ、長さ、方向、角度、曲率、形など)が刺激の客観的関係より組織的に、かつ相当量、異なって知覚される現象』である。幾何学的錯視は、特別な現象でも異常な現象でもなく、通常の視知覚において一般的に生じる現象である。程度の差はあっても、錯視図で示されるのと同様の歪みは、多くの日常場面で生じている。しかし、いわゆる錯視図を用いることで、歪みを特に顕著に確..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。