Bizzi.E. et al. 1982 Arm trajectory formation in monkeys 日本語訳

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数401
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Research Note Arm trajectory formation in monkeys
    E. Bizzi, N. Accornero, W. Chapple, and N. Hogan
    Exp. Brain Res. (1982) 46: 139-143
    Summery
    サルが簡単な視覚運動課題における、適度な速度(0.3-1.3 rad/s)での前腕運動の形成のされ方を調べた。この実験は、ある位置から他の位置への移行は、最終的な作動筋と拮抗筋の力のつり合いへの素早いシフトによって成り立っているという仮説を検証するために行った。この考えは、単純な運動においては関節周りの四肢と筋の生来の慣性と粘弾性によって軌道が決定されている可能性を示唆するため、魅力的である。本研究の結果は、適度な速度での運動は、段階的ではなくなめらかな終点平衡位置へのシフトによって制御されていることを示した。
    本論文では、サルの随意前腕運動中にCNSから生成される信号の制御の理解を目指して行った一連の実験を紹介する。第一近似として、運動と姿勢は単一の機構で処理されることが最近提案された。我々はこの考えを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。