障害者福祉論 科目終了試験

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数145
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    障害者福祉論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -------------------------------------------
    1.障害者福祉の基本理念について
    序論
    基本理念 障害者福祉の基本理念は、障害者基本法に見ることができる。
    ①個人の尊厳を重んじ、それにふさわしい生活が保障される権利を有する。
    ②社会を構成する一員として、社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられる。
    ③何人も障害者に対して障害を理由に、差別する、その他の権利や利益を侵害する行為をしてはならない。
    本論
    国連の動き 国連は、1971年、「知的障害者の権利宣言」、1975年、「障害者の権利宣言」を採択した。この二つを社会に実現するために、1981年を国際障害者年として、障害者の人権への具体的な取り組みを始めた。
    国際障害者年とは 国際障害者年は「完全参加と平等」をテーマに、各国が障害のある人への施策モデルを提示した。
    日本への影響 1990年、福祉関係八法の改正を経て、1993年、障害者基本法が施行される。
    障害者基本法の基本理念 障害者基本法によって基本理念の①と②が作られた。
    障害者基本法の影響 都道府県、市町村による「障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。