社会学 科目終了試験①

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数136
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -------------------------------------------
    1.社会学成立の時代的背景について
    序論
    社会学が生まれる前 社会がどのように形成され変わっていくのか、という問題は古くから研究されてきた。
    社会学の代表者 まず、社会学の代表代表的な2人を紹介する。
    本論
    代表的な2人:A.コント 社会の変化を捉える考え方や方法論が、フランスのA.コントによって「社会学」と名づけられた。
    代表的な2人:M.ウェーバー ドイツのM.ウェーバーは、主著「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」にて、20世紀の社会学に大きな影響を与えた。
    A.コントの時代 A.コントは、イギリスの産業革命、フランス革命などを経て、資本主義の生成期に活躍した。世界レベルで社会が変わっていく様子を理解するために、社会学と名づけたのである。
    産業革命とは 個人が使う道具による手工業的な生産手段が、産業革命によって、蒸気機関の発明などをベースにした工業機械へと変化し機械制大工業が実現した。これが、資本主義的生産を生み社会全体を変化させたのである。
    フランス革命とは フランス革命は身分社会(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。